ギャラが高い固定報酬制に挑戦するには

 さきほど、こちらのページでは主婦の方でも登録した日から稼げる、クラウドソーシングの「タスク」について説明しました。
 →主婦がライターで稼ぐ方法-初級編まずは5,000円を目指す

 

 タスクは、簡単にいうと、依頼する人がひとりいて、その仕事を請け負う人がたくさんいるタイプの仕事です。
 簡単にできて時間に拘束されないというメリットはありますが、報酬が安いのがデメリットで、時間が作れる人ならもう少し稼いでみたいと思うようになる人も多いでしょう。

 

 タスク業務で経験を積んだら「固定報酬制」形式の仕事にも挑戦しましょう。
 呼び方はいろいろですが、固定報酬制とか「プロジェクト方式」とかいいます。
 固定報酬制の仕事は、1対1で仕事のやりとりをします。
 依頼主が「こういう仕事がありますよ」と一定期間募集します。
 その間に、ライターさんは、これなら私もできるなと思ったら、「仕事やります!」といって手を上げます。
 手を挙げるというのが「納期と請負金額を決める」という提案をするわけですね。

 

 提案がある程度集まると、依頼主は、提案金額やライターさんの過去の実績などを見て「この人なら任せられる」と思った人を採用するわけです。(人が集まらなかったり、集まっても任せたいと思う人がいない場合もあります)。
 採用が決定したら、ライターさんはあとは依頼主の指示に従って仕事をします。
 指示といってもほとんどがメールでのやりとりなので、納期さえ守れば、いつ仕事をしてもOKです。

 

 今回もクラウドワークスを例に説明します。

 

高額報酬がもらえる記事業務

 

 画像を見てもらえばわかりますが、タスクに比べてかなり金額が高めです。
 安いもので1記事100円程度のものもありますが、少し専門的な内容になれば1記事1,000円以上。
 脱毛サロンの体験談や健康食品の試食レビューなどを書く場合は1記事あたり数千円から1万円を超える場合もあります。
 こんな高額案件はタスクにはまずありません。

 

記事経験がないと、固定報酬で仕事はもらいにくい

 じゃあ、タスクでチマチマ仕事するより、固定報酬でがっつり稼いだほうがいいじゃん!と思うかもしれませんが、金額が高い案件は応募者が集中します。
 条件のいいバイトの募集も同じですね。なので競争になります。
 「安く働きますよー」と、依頼主に提案することもできますが、仕事の依頼主は金額も重視しますが、実績を最も重要視する人が多いです。
 いくら安くても記事として使えなかったら、お金を捨てるようなものですからね。
 依頼主によっては、実績がゼロの人はお断り!とはっきり書いている人もいます。

 

 なので、登録したての初心者がこの固定報酬制の仕事をもらえないのはこういうところに理由があります。

 

 タスクの仕事をきっちりこなしていくと、依頼主から評価がつき、それが実績として残ります。ネットオークションの評価お同じですね。
 だから、安くてもタスクで実績を上げることが重要なんですね。

 

 

主婦ライターを募集しているサイトベスト3はこちら